top of page
flower-1.jpg
<Crescent>vol56_モルグ27_TOP.jpg

★KIRAKIRA VOICE LAND VOL.56★
MORGUE×CHRONICLE  XXⅦ

Crescent

絡めとられた指先の向こう―――――

Introduction

★KIRAKIRA VOICE LAND 新シリーズ始動★
“実力派声優陣×新感覚朗読劇”上演の為に設立した
「KIRAKIRA VOICE LAND」
新シリーズ<MORGUE×CHRONICLE>が上演決定!
ダークファンタジーの世界観をお贈りします。

本公演は女性 CAST2名で織り成す「Rouge Ver」としてゴシックの空間に誘います。

その町の名はMORGUE(モルグ)。
雨が多く月蝕ごとに蘇る記憶を食う魔女伝説が息づく古い歴史ある都市。
そこには様々な人間や異形の者が住んでいる。
全てのものを包み込み、今日もモルグには雨が降り続く………。


<Reading Cinema とは?>
Be Withプロデュースのリーディングシネマとは従来の朗読劇ではなく「朗読×映像のコラボレーション」として、キャスト&クルー&お客さまとで世界観を構築するスタイルをとっております。
朗読劇<LOVE×LETTERS>は2020年に10周年を迎え、結末3VerとチェンジCASTと言う一期一会の公演が反響を呼び、現在も上演中です。

<“MORGUE×CHRONICLE(モルグクロニクル)”とは?>
Be Withプロデュース制作公演「THE BUTTERFLY EFFECT」「Blood Heavenシリーズ」等の舞台になったオリジナル都市「MORGUE(モルグ)」。その住人の歴史を綴るシリーズとして上演していた“THE BUTTERFLY EFFECT CHRONICLE”。KIRAKIRA VOICE LANDの朗読劇新シリーズとして、“MORGUE×CHRONICLE”の冠で今後上演して参ります。

世界観をそのままに、ゴシックに身を包んだCASTが観客に語りかけます。モルグの町には、人間はもとより異形の者も存在します。ヴァンパイア、悪霊ハンター、パヒューマ―、カルト集団、標本屋、地図屋、人形師、錬金術師、etc…。様々な登場人物達が語る過去や未来の物語は、日常を離れ、ゴシックロマンの空間へ誘います。

<結末2バージョン

物語の結末は<2バージョン>ご用意しています。
“Another setting&Another ending”1本の舞台がAnother setting(違う設定)により、Another ending(違う結末)に展開。同じ物語も結末が違うことによってそれまでの心情、出来事の意味合いが大きく変化いたします。また、全ステージ“トークショー”を開催。CAST同士の作品創作への取り組み、裏話等を語っていただき、お客様と共により深く作品を味わっていただきます。

<STORY>

魔女伝説が息づく町・モルグ。

全寮制ミッションスクール“ソルシエール”の学生アンゼリカのクラスにユリイカと言う転入生がやってくる。

彼女はアンゼリカに「きみを迎えにきた」と告げるが、アンゼリカは何も覚えていない。

そしてある日、 不可思議な事件が学校内で起こる……。


作・演出  凌崎イサミ

​[Cast]

[Schedule]

[Place]

[Ticket]

安齋由香里×松田彩希

◆日程:2023年5月13日(土) 全2ステージ
◎13日(土)14:00開演 ✦/18:00開演 ✧
アンゼリカ…安齋由香里× ユリイカ…松田彩希


※全ステージ、“トークショー”を開催いたします。
※結末が2Ver.()ございます。
※開場は各開演30分前となります。

◆Ticket:全席指定・前売¥6,800(税込)


※未就学児のご参加はご遠慮ください。
※本公演は中止の場合、チケットは全額返金させていただきます。
※本公演は「オンライン配信」および「アーカイブ」はございません。

◆先行発売:1月27日(金)10:00~2月12日(日)23:59☆
◆一般発売:3月上旬(予定)

受付⇒Be With ★ Ticket Store

[限定Goods]

[皆さまへ]

​Coming Soon!

<お花>について
◆会場の都合上、“お花”の受付は「スタンド花」「アレンジ花」、どちらもご遠慮させていただきます。
◆誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。


<クローク>について
◆会場にはクロークがない為、お荷物はお預かりできません。ご了承ください。

<プレゼント>について
◆新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、プレゼント、お手紙の預かりは今回ご遠慮させていただきます。何卒ご理解いただきますよう宜しくお願いいたします。

bottom of page